AdobeCC2014対応!ぜひご利用下さい

弊社の印刷物はすべて大豆インキを使用しています

営業日カレンダー(赤字が定休日)

Calendar Loading
Calendar Loading
合紙・貼合加工 パッケージ印刷 同業者様歓迎

表原紙(ライナー)コートボール等+段ボールとの貼合=化粧段ボール

貼合機は合計厚み5mmまでの合紙が可能である。用途に合わせて段ボールの2枚3枚の合紙もできる。通常段ボールA・Bフルートは外梱包用としての用途が多くフルカラーの印刷はあまり必要とされていない。一方、厚板紙に替わって普及してきたのが、G段・F段・E段と呼ばれるフルート高が0.5・0.6・1.2mmの薄口の段ボールである。小型電化製品・精密小型機械・食品容器等のパッケージなどに幅広く使われている。個装用段ボール箱と呼ばれ消費者の手元に渡る最小単位の物品を包装するための段ボール箱である。 これらの商品はパッケージごとに店頭に並べられ、直接消費者に選ばれるため内容がわかり易いようにオフセットによるカラフルな印刷が必要とされる。 フルートと呼ばれる波板部分はつぶれやすいためオフセットによる直接印刷が難しい。小中ロットでは表原紙(ライナー)に印刷して貼合機による合紙が効率的である。

段ボールの優位性

  1. 段ボールは同じ厚みの板紙よりも紙の使用量が少なく、紙資源の節約になる。
  2. 板紙の一枚構造に比べ、ねじれや、ちぎれに強く、また緩衝性にも優れ、内容物をしっかりガードすることに適している。
  3. 価格も板紙よりはるかに安く、経済的である。
  4. 重量も板紙に比べて軽く、輸送時のCO2削減に貢献できる環境対応容器である。
  5. ダンボールは95%のリサイクル率で回収され森林破壊等の環境負荷低減に貢献できる。
  6. 裏原紙に耐水・耐熱(発泡紙)・耐油・吸水等の機能を持たせた原紙を貼ることにより様々な部門への応用が拡がっている。

合紙機の構造・スペック

最大給紙サイズ (w)1200x(D)1000mm( L 判 , K 全判も OK)
最小給紙サイズ (w)450x(D)450mm( これより小さいサイズは面付けして合紙した後に希望サイズに断裁仕上げします)

全自動給紙のため特殊な用紙は合紙できない場合があります。
合紙は糊・圧着・見当の調整のために予備紙が必要になります。

合紙機の上手な利用法①

Q:サガンGA 170Kg を2 枚合紙して台紙を作りたいのですが可能でしょうか?
A:サガンGA 170Kg は0.24mm の厚みなので、合紙するには少し厚みが足りないため糊付けローラーに巻き付いてしまう可能性があります。
 2 枚合紙にして0.48mm の厚みの台紙を作るのであれば、印刷上紙に一段薄い130kg(厚み0.19mm)を使用して、下紙に一段厚い210kg(厚み0.3mm)を用いれば巻付きを防ぎ確実に合紙されます。合計で0.49mm のほぼ希望通りの厚さになります。
 サガンGA はカラー・厚みともラインアップが揃っているので、表面と裏面で色を変えて合紙を楽しむこともできます。

お見積り・ご相談承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。